雨漏れ原因調査できます:シェルサポガス屋さん紹介

宮城・仙台で一番安いプロパンガス屋さんを紹介しているシェルサポです。

シェルサポではプロパンガス屋さんの紹介しかできないの?

と言われることがあります(笑)

会社概要にも表記していませんが取扱業務の一つとして

雨漏れ原因調査ができます。

雨漏れの原因はさまざまです。

屋根材の腐食・劣化によるものや

外壁やサッシ周りのコーキングの劣化によるもの

外壁と屋根の境目にある水切りによるもの

バルコニー等の防水の劣化によるもの

換気扇のフードの形状によるものなど

雨漏れになり得る要因は無数にあります。

実際にいろんなケースの雨漏れの症状を見て

原因を調査してようやく木造の建物ならほとんど

原因が特定できるようになりました。

ハウスメーカーさんでも原因が分からないような雨漏れも

解決に協力させていただいております。

では実際にどうやって雨漏れ調査をしているのか?

まずは雨漏れする時の状況の聞き取りをします。

ほとんどは台風の時など、強烈な風雨の場合に

雨漏れは発生しています。

ここで大事なことですが、台風の時などは

雨水がありえない動きをします。

正解を言いますと、雨水が下から上に上がることがあります。

雨漏れ原因調査の次の作業として散水試験を行うのですが

たまにあるのが、工事業者さんで水は掛けたけど

雨漏れは起きなかったと言われることがあります。

では実際にどのように水を掛けたか聞いてみますと

ジョーロで掛けた程度のやり方が多いです。

普段の雨でも雨漏れするような場合は

その散水試験でも有効ですが

台風の時だけの場合にはその水掛けでは通用しません。

ではどうやって散水試験をするのか?

蛇口にホースをつなぎ、先端にはホースノズル等を取付して

ジェットの勢いで水を掛けます。

このくらいの水圧・水量で散水を行うことで

台風のような猛烈な勢いの風雨を再現します。

そうすると雨漏れが確認されたという事例が多くあります。

雨漏れの原因が分からずお困りの場合は

ジェット散水試験をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です